%e3%83%ad%e3%82%b4
渡邊宏

SOP 新年ご挨拶

  • その他
  • 2017.01.01|渡邊宏

新年あけましておめでとうございます。

私たち関・空間設計の活動の現場である東北では昨年震災5年目を迎えました。仙台市、岩沼市では応急仮設住宅が役割を終え、宮城、岩手では災害公営住宅の計画戸数の約75%が工事完了、相馬以北の常磐線が復旧開通しました。福島では避難指示区域が解除されつつあります。被災地では新しいまちづくりに関係するプロジェクトが多くなっています。

昨年は弊社が岡設計から分社独立して満20年を迎え、これまでの感謝・総括とこれからを考える年となりました。関・空間設計のことば「Spirit Of Place」を発表し、11月に脚本家の内館牧子さんの公開講演会「私と仙台」と12月に「感謝の集い」を開催し、多くの方々にお集まり頂きました。またこれまでの活動を記念誌「Spirit Of Place」として発刊しました。

今年も建築設計・監理の実務者として「Spirit Of Place」を掲げ、地域に向かって提案・発信と連携を深め、建築・まちづくりの協働のプラットフォーム構築を進めていきます。そのために地域の価値の深堀りと自らを積極的に外に開くことによって、「地域と顧客の価値の継承と新しい価値の創出」に寄与していきます。

みなさん、一緒に建築・まちづくりのために連携・協働していきましょう。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

関・空間設計
代表取締役社長 渡邉宏