P7160234+
三浦高史

宮城県気仙沼向洋高等学校入校舎式

  • プロジェクト関連
  • 2018.09.01|三浦高史

2018.8.24
宮城県気仙沼向洋高等学校の入校舎式が行われました。
全校生徒が初めて新校舎に入った様子が見られ、この学校は使われて初めて命が吹き込まれたのだと実感しました。

向洋高校は3つの専攻科(情報海洋科、産業経済科、機械技術科)、6つの類型(海洋、情報電子、食品開発、食品ビジネス、機械システム、エンジンシステム)を有する実業高校であることから、実習棟は3つのボリュームに分節し、必要な機能が確保された独立性の高い実習環境を確保することで、実習に集中でき、生徒の個性や創造性を育む環境づくりを目指しました。
外観は「研究所」や「工場」のような、実践の場の雰囲気を感じさせるデザインを意図しました。
また、校舎棟と実習棟の連携性を高めるため3つの中庭を介して連結する構成としました。
普段から実習環境が身近に感じられ、自分と違う専攻科や先輩・後輩の活動の様子が見えることで交流が生まれ、豊かな人間性を育む場になることを願います。

向洋空撮IMGP3288 IMGP3299IMGP3287 IMGP3276IMGP3304