①
岩根敦

SOP研修とは

  • 働き方改革
  • 2019.10.29|岩根敦

私たちSOPには「SOP研修」という制度があります。

 

ざっくばらんに言うと

1年に1度、どこへでも旅してよい、というもの。

 

もちろん研修なので仕事として、

場所は国内外問わず、

旅する期間も自由なのです!

②③

 

2011年に東日本大震災を経験し、通常業務に加え、応急危険度判定にはじまり、災害調査、災害査定対応、災害復旧設計など、多くの仕事に正直、私たちも疲弊…

そんな日常を離れ、リフレッシュするために旅をしてはどうか、一方でただの慰安旅行にはしたくない、そのために目的をもった「研修旅行」として、2012年からスタートしました。

 

④⑤

 

そんな魅力的(笑)なSOP研修、

その目的は仕事力と人間力の向上、です。

 

仕事力は

建物を見る・空間を実際に体験する、

その土地・風土・文化に触れることで感性を磨く、

海外に行くためにはある程度まとまった時間が必要、

不在時の対応や担当プロジェクトをストップさせないための調整・マネジメントが必要、

そもそもの大前提で旅に出るためには企画・計画が必要

といったことで鍛えられます。

 

 

⑥⑦

 

言葉が通じないこともある中でのコミュニケーション、

そして旅にトラブルはつきもの、それを乗り越える強さ、

人間としての懐・器を大きくさせてくれる、と思います。

 

⑧⑨

 

研修の流れは企画書を作成し、目的・目標を設定した上で旅にでる、帰ったら報告会を行い、社内で共有する、それだけのシンプルなものです。その年によって、海外縛り・ひとり旅縛り・スケッチ必須など条件設定があり、それも楽しいアクセントです。

 

私もフランス・ドイツ・アメリカ・韓国、国内も多数、研修させていただきました。意識していることは新しい建築と名作と呼ばれる建築、どちらも見ることです。

 

⑩⑪

 

そしてその土地を五感で堪能すること、

それにはおいしい食事とお酒は欠かせません!

 

⑫⑬

 

そこで得た体験・経験はかけがえのないもので、

思考や仕事に多大な影響を与えていると信じています。

 

研修を通して、仕事力・人間力を高め、顧客・地域・社会に貢献できるよう、より一層励みます!