トップ画
本間亜門

SOP研修報告【本間】フィンランド

  • 研修関連
  • 2019.11.13|本間亜門

「海外に行くならばヨーロッパ!」と思っていて、その中でもどこか違う雰囲気の場所に行きたいと思い、フィンランドを選びました。建築はもちろんのこと、その土地の文化に触れて心身ともに成長しようとツアーではなく初めての一人旅を決意しました。

 

【日程】2019年9月2日(月)~2019年9月10日(火)

【目標】
□多くの土地を訪れ、コミュニケーションをとり多くを学ぶ。
□はじめての場所で海を渡る。

 

■ヘルシンキ

フィンランドの首都「ヘルシンキ」。とても活気のある街です。今回の旅はここを中心に回ることにしました。思ったよりも混雑していないな…と思ったのですが、どうやら私が来る数日前までサマーフェスをやっていたようで、時期的には雨も多くフィンランド人のテンションは下がる頃だそうで、祭りの後の静けさといった感じでした。。。(歩きやすかったのでよかったですが。)

ヘルシンキにはトラムという路面電車が走っており、移動がとても楽です。デイチケットを買えば電車やバス、トラムが乗り放題です!また、「信用乗車制度」を採用しているため、基本自由に乗り降りができ、カードを通すなどの操作が必要ないです!(日本にもほしい。。。)お互いの信頼関係が築かれている素晴らしい国だなと思いました。

ヘルシンキは見る場所がとても多いため、今回はすべてを回りきることができませんでしたが、デザイン・建築・文化に多く触れることができました。念願のサウナにも入れました!

① ②③

 

■ポルヴォ―

フィンランドで2番目に古い街と言われているのがポルヴォ―です。(一番はトゥルク)

とても自然豊かな町で旧市街地の木造の建物群はカラフルに彩られたかわいらしい雰囲気でした。

④

 

■スオメンリンナ島

目標の一つである、「海を渡る」ができました。フィンランドからフェリーで15分ほどの島、スオメンリンナ島に行ってきました。戦争の歴史を持つ要塞の島ですが、地形に溶け込んだ要塞群や大砲たちはとても絵になり、散歩におすすめの島でした。

⑤

 

■トゥルク

フィンランドで最も古い街です。手工芸で発展した街で、現在は博物館として一部残されています。移動手段はバスのみでしたが、小さな町なので歩いて楽しめます。町から少し離れ、聖ヘンリ・エキュメニカル礼拝堂を見に行きました。中は木で構成され、とても美しく温かみのある空間でした。フィンランドの教会・礼拝堂はとにかく美しいものが多いです。

⑥⑦

 

今回の旅で、ここには書ききれないほど多くのことを学びました。建築も素晴らしいですが、何よりも「人」が素晴らしかったです。今回の旅では「生き方」を一番学べた気がします。

入社して間もないですが、このような機会を頂けたことに感謝し、これからの日々や仕事に活かしていきたいと思います!