アワード協働部門チラシ(トリミング)
三浦高史

若者アワード中間発表

  • 社外活動
  • 2020.11.26|三浦高史

2020年11月26日に若者アワード協働部門中間発表があり、私たちRED×SOPのチームも発表を行いました。

公開プレゼンテーションがYouTubeにアップされていますので、下記リンクからぜひご覧ください!(私たちの発表は2:25:25~2:37:23の12分間程度です)

https://www.youtube.com/watch?v=c2PCkqBLOc4&list=TLGGCvf3nooPqwyODAxMjAyMQ

新しい働き方を「島々を渡りながら成長を続けていく冒険のように好奇心を揺さぶる働き方」と定義し、偶然の出会い、異なる価値観との出会い、個人のスキルを活かした夢の実現、ができるような環境・しくみづくりを提案しました。

ダイアグラム

様々な人が活動する場を色彩豊かな絵の具が混ざり合う「パレット」になぞらえ、「ぷらっと」立ち寄れるプラットフォームとしての「ぷらっと・パレット」という装置を開発しました。

共同作業をし組み立てる過程と、利用者との交流を通して新たな出会いの場を創出し、それを仙台のまちにサーカスのように循環させます。

木材の板を自由な形状に加工し積み重ねて多様な家具・空間をつくる1号機、荷物の運搬・収納に使われる木製パレットを再利用し組合せてつくる2号機、2種類のぷらっと・パレットを提案しました。

図1 図2

どちらも利用形態に応じてカスタマイズすることができ、仙台のまちに新たな働く場、出会いの場を創出します。

中間発表後、動画を友人や知り合い、大学の先生などいろんな方に見ていただき、客観的な意見・感想を集め、チーム内で共有しました。それを踏まえ、これまで考えてきたことを整理しつつ、切り口や提案内容を再検討しています。今夏までに、提案内容の実現化を目指しています!