プロジェクト

「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館

「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館
「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館 「伝国の杜」置賜文化ホール・米沢市上杉博物館

「歴史・文化」の継承と創造

 「伝国の杜」は、米沢城址に隣接する、米沢市上杉博物館(米沢市が整備)と500席の置賜文化ホール(山形県が整備)とからなる複合施設です。敷地周辺は、上杉神社や上杉記念館、松ヶ岬公園等があり、米沢市の歴史・文化の象徴的な地域となっています。設計のテーマは「歴史と文化」をどのように「継承・創造」するかでした。
われわれの提案は以下の3つにより実現されました。

 

  1. 周辺に広がる参道と一体となった豊かな外部空間を、敷地と連続させ、さらに建物内部に引き込むこと ( 北側に広がる大きな広場からピロティ、そしてモールへ続く「連続空間」)
  2. 周辺の景観と違和感のないデザイン(伝統的な形態と現代的な感性を融合させた「新しい和風デザイン」)
  3. 2つの機能(博物館とホール)をコンパクトかつ有機的に構成(中庭とモールによりなる「明快な平面構成」と「一体化した大屋根」)

(木皿泉)

施設概要

場所
山形県米沢市
用途
ホール・博物館
竣工年月
2001年8月
延べ面積
9,064㎡
構造
SRC構造
階数
地上2階

メディア掲載

  • 公共建築(2002年4月)
  • 建築と社会(2002年1月)
  • 近代建築(2000年9月)

受賞歴

2001年
やまがた景観デザイン賞知事賞
2002年
㈶照明学会 照明普及賞・優秀施設賞