プロジェクト

仙台市泉岳自然ふれあい館

仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館
仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館 仙台市泉岳自然ふれあい館

県産杉材を多用した、風景にとけ込む自然体験施設

 既存施設の老朽化に伴い改築した「少年自然の家(宿泊施設+研修施設、野外活動施設など)」です。

 スキー場のゲレンデであった斜面地に、木造建物を中心に集落のように建物を配置しています。自然を主役として、建物は風景に溶け込むよう意図し、アースカラーの屋根・外壁、切妻屋根の連なりで構成しました。

 構造材として約1,200㎥(約4,000本)の宮城県産杉を用いるなど、木材を多用した建物となっています。構造は、極力集成材に拠らない、市場流通材を主体とした大規模木造の実現(5寸柱を4本組んだ柱架構、木張弦梁、木トラスなど)に挑戦しました。

 また、構造以外にも、県産杉を圧縮したフローリングや、敷地周辺の杉を使ったサインや丸太柱、宿泊室や体育館の内装など、様々な木の使い方を試みています。

 積雪が1mを超える厳しい地域のため、滞雪スペースを考慮した配置計画、つららの出来にくい軒先ディテール、メンテナンスフリーの屋根材の採用など、厳しい自然環境を考慮した計画としました。

(杉本光司+斎藤拓也)

施設概要

場所
仙台市泉区
用途
少年自然の家(研修・宿泊施設)
竣工年月
2014年6月
延べ面積
9,355.13㎡
構造
木造 RC造 S造
階数
地上2階

メディア掲載

  • 新建築(2015年12月)

受賞歴

2016年
平成28年度 日事連建築賞