プロジェクト

宮城県看護協会会館

宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館
宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館 宮城県看護協会会館

1.看護の拠点としての施設づくり
 長く使い続ける建物として、機能的で使いやすいことを基本に、会員の方々が愛着と誇りを持てるデザイン、季節の移ろいを感じる気持ちのよい空間を創出しました。

2.地域環境と調和した施設づくり
 地域の景観となっている既存の二本の松を活かし、地域の歴史・景観を継承しつつ新しい風景を創出し、地域の方々に親しまれる建物としました。また、地域環境・景観との調和・共生を意識し、周辺住宅に与える影響を最小限とするよう、ボリューム感や見え方に配慮しました。

3.長寿命・経済的な施設づくり
 将来に亘る時代の変化に対応できる空間構成(改修しやすい壁構成の工夫等)維持管理・保全が容易で長寿命な施設(水まわりの集約、耐久性のある材料の選択等)としました。空間の機能に整合した適切な柱割り、構造形式とし、大地震に十分耐えうるバランスの良い安全な構造としました。

(江田紳輔)

施設概要

場所
仙台市青葉区
用途
集会場
竣工年月
2010年8月
延べ面積
1,808.76㎡
構造
RC造
階数
地上3階建

受賞歴