プロジェクト

みやこ斎苑

みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑
みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑 みやこ斎苑

モールがつなぐ葬送空間

 火葬場は葬送行為と平面計画が密接に関連する施設です。

 「告別」から「待合」そして「収骨」という葬送行為の場をスムーズにつなぎながら、故人の冥福を祈る静謐な空間をはさみ、管理者の動線が交差しないように分離することが求められます。そこで「告別棟」「待合棟」「収骨棟」と、建物を行為毎にに明快に分節し、それらを「モール」でつなぐ計画としました。

 3つの分節は軒先のラインとして現れ、緊張感のある外観をつくります。分節により現れる「隙間」は中庭として人の心を癒してくれる「やすらぎ」をもたらします。中庭のモチーフとして、海や川など「宮古らしさ」を取り入れ、地域に調和した施設づくりを行いました。

(杉本光司)

施設概要

場所
岩手県宮古市
用途
火葬場
竣工年月
2007年2月
延べ面積
2,196㎡
構造
RC(一部SRC) 上部S造

メディア掲載

  • 現代日本の建築家(2010年6月)

受賞歴

2009年
㈳日本建築家協会 優秀建築選2009