プロジェクト

宮城県古川黎明中学校・高等学校

宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校
宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校 宮城県古川黎明中学校・高等学校

交流を促し、生徒の豊かな個性を育む一体感のある 豊かな校舎

 本校は平成17年4月から旧・宮城県古川女子高校を改修し、県内初の公立中高一貫教育校としてスタートしましたが、校舎の老朽化と中高一貫校としての空間構成に課題があり、新校舎を隣接する第二グランドに改築することになりました。「中高一貫の進学校として相応しい学習環境を創出する」ことを目標に以下を基本方針として計画しました。

  • 中高一貫校の特徴を活かし、交流を多様に生み生徒の豊かな個性を育む空間づくり
  • 生徒が学習・教科への魅力を感じ、能動的、自主的に学ぶ環境の創出
  • 周辺環境、地域との調和・共生に配慮した計画

 周辺環境との関係から、校舎をコンパクトに計画する必要がありましたが、これを逆手に一体感のある機能的な校舎、さらには外壁面積を最小限とするなど、コスト縮減にもつながる計画を目指しました。

 校舎中央に活動的な広場的空間(中庭・アリーナ)を配置し、周囲に“ロの字”の回遊動線を巡らせ、各機能(諸室)を適切な位置に配置する構成とすることで、“見る、見られる”等、多様な交流の機会を生み、生徒同士が相互に触発されやすい空間構成としました。

(江田紳輔)

施設概要

場所
宮城県大崎市
用途
中高一貫教育校
竣工年月
2013年6月
延べ面積
15,325.93㎡
構造
RC造
階数
地上4階 地下0階

メディア掲載

  • 近代建築(2013年9月)

受賞歴