プロジェクト

宮城利府掖済会病院

001-外観南西面
002-待合ホール
003-2階EVホール
004-4床室
005-ナースステーション
006-手術室
宮城利府掖済会病院 宮城利府掖済会病院 宮城利府掖済会病院 宮城利府掖済会病院 宮城利府掖済会病院 宮城利府掖済会病院

 利府掖済会病院は、仙台市東部に位置する利府町にあります。利府町は仙台市のベッドタウンとして発展し、今後も人口の増加が見込まれる町です。私たちは計画を進めるにあたり、利府町の特徴を考慮して、将来の患者さんの増加にも対応できる施設づくりを目指しました。ベッド数も開業当初の100床から段階的に300床まで増やす計画があり、将来の増築も考慮した効率の良いレイアウト計画が求められました。

 必要最小限のスペースに効率よくレイアウトし、十分な機能性を確保するために、明確なゾーニングを心掛けました。1階フロアは全体をほぼ南北に2分割し、南側を主に外来診察のためのスペース、北側を検査、管理他のスペースとして区分しました。外来診療のための部屋を1階南側にまとめることで、初めて訪れる患者さんでもわかりやすいように配慮しています。

施設概要

場所
宮城県利府町
用途
病院
竣工年月
1997年10月
延べ面積
2,274.51㎡
構造
RC
階数
4階建

受賞歴