プロジェクト

須賀川市立第一小学校・児童クラブ館

須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館
須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館 須賀川市立第一小学校・児童クラブ館

計画の概要
 本計画は、東日本大震災で受けた、校舎及びグラウンドへの甚大な被害に伴う、現地建替えの全面改築事業です。安全安心な教育環境の再構築と、隣接する防災公園整備事業と連携した、地域防災拠点機能を担っています。

ずっと一緒に考える設計プロセス
 第一小学校は、明治4年に創立した、須賀川市で一番歴史のある小学校です。地域との関わりも深く、地域とともに学校のあり方を一緒に考えるために、設計の初期段階から工事完成に至るまで、児童やPTA・教職員・地域の方々と様々な意見交換・ワークショップを行い、計画を進めていきました。

風景と思い出の継承
 敷地北側の正門近くに、第一小学校の歴史を象徴する記念碑や、杉・松が整備された庭があり、ここで過ごしたすべての人の想い出の場所でした。
この庭を「メモリアルガーデン」として再生し、学校の風景を継承することで、「旧校舎と新校舎の思い出を共有できる場所」となるように計画しました。

活動の多様性を生む「ひろば」空間の創出
 子どもたちが元気に学び・集い・遊ぶための様々な「ひろば」空間を計画しました。
その代表的な場として、メモリアルガーデンとグラウンドを結ぶ動線上に、昇降口の大屋根やピロティなどの半屋外空間を連続させ、子どもたちがのびのびと活動ができるひろばを設けました。

まとまりと連携を育む「学年ユニット」
 1学年分の普通教室と多目的スペースがセットになった「学年ユニット」を構成し、学年単位のまとまった教育環境を計画しました。学年ユニットは適度に分節し雁行させることで、自然採光と通風を校舎内部にもたらしつつ、他学年とのゆるやかな連携も意図しました。

学校の中心にある「教科ひろば」と「特別活動ホール」
 どの学年ユニットからも使いやすいように、特別教室群は、校舎の2階中央に集約し、「教科ひろば」と連携した総合的な学習空間を形成しました。
学校の中心に、「特別活動ホール」を設け、子どもたちや地域の人達の発表・交流・学習の拠点としました。
これら多様な学習空間は、地域との接点である北側ファサードに多彩な表情をつくり出しています。

(杉本光司+千葉遥(元スタッフ))

施設概要

場所
福島県須賀川市
用途
小学校・児童館
竣工年月
2015年7月
延べ面積
8,065.07㎡(校舎) 529.52㎡(児童クラブ館)
構造
RC造一部S造(校舎)
W造(児童クラブ館)
階数
地上3階(校舎)
平屋(児童クラブ館)

メディア掲載

  • 近代建築(2016年8月)
  • 建築ジャーナル(2017年10月)

受賞歴