プロジェクト

仙台市田子西復興公営住宅

001_L7Z7573
002-06
003-1中庭
004-みんなの広場
005_L7Z7514
006_L7Z7629
007_L7Z7746
008_L7Z7763
009_L7Z7773
010-コミュニティステーション入口
011_L7Z7785
012-各棟平面ダイアグラム
013-nakaniwa_0412
014-hi_0412
015-模型統合
016-0406模型-003
017-0406模型-019
018-田子模型001
仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅 仙台市田子西復興公営住宅

「コミュニティ」と「見守り」に配慮した4つの住棟からなる分棟型配置

 不安と期待を抱えて仮設住宅から移り住む様々な家族・年齢の人たちが、自分たちの生活の場として安心して暮らすことができるよう、コミュニティと見守りに配慮した中庭を囲む配置計画としました。

中庭やコミュニティステーションによる、住民同士がつながる空間づくり
 住棟間の中庭は、居住者同士がほっと落ち着ける、緑陰による憩いの広場として整備し、全ての住棟が中庭や街路でつながります。また、各住棟には、気軽なあいさつやおしゃべりができる場として、掲示板やベンチ、エレベータ/階段を集約したコミュニティステーションと呼ぶたまり場を計画し、お互いの存在や生活をゆるやかに感じる空間づくりを行いました。

誰もが使える「みんなの広場」
 敷地中央に、周辺住民にも開かれた「みんなの広場」や集会所を整備し、地域住民も含めた散歩や憩いの場として、また子供たちの遊び場、町内会や地域イベントの場として利用されることを目指しました。

自然な見守りが生まれやすい住戸配置
 高齢者や弱者の孤立を防ぐため、多人数世帯住戸を分散配置することで、単身者に対する日常的な気遣いやコミュニケーションが生まれやすい計画としました。

(斎藤拓也+佐藤俊文(元スタッフ))

施設概要

場所
宮城県仙台市
用途
集合住宅(復興公営住宅)
竣工年月
2014年3月
延べ面積
11,747㎡
構造
壁式RC造
階数
地上5階

受賞歴