プロジェクト

東北公済病院Ⅰ号館

東北公済病院Ⅰ号館
東北公済病院Ⅰ号館
東北公済病院Ⅰ号館
東北公済病院Ⅰ号館
東北公済病院Ⅰ号館
東北公済病院Ⅰ号館
東北公済病院Ⅰ号館 東北公済病院Ⅰ号館 東北公済病院Ⅰ号館 東北公済病院Ⅰ号館 東北公済病院Ⅰ号館 東北公済病院Ⅰ号館

 東北公済病院は仙台市の中心部に位置し、ベッド数335床、診療科目数16科の総合病院です。昭和26年に現在の地で診療を開始し、建物の老朽化に伴い平成3年に建替計画がスタートしました。建替にあたっては以下をテーマとしました。

  • 最新の高度医療の場として機能すること
  • 患者にとってアメニティー度の高い「生活の場」を提供すること
  • 周辺環境の向上を計ること

 建物周囲に廻した歩道状空地、ピロティ下に設けた広場状空地、敷地を貫く貫通通路など、緑に覆われたオープンスペースを地域住民や市民に開放し、過密街区の環境改善と都市景観の向上に寄与しています。

 容積率の割増で当初の43.5㎡/1床から47.9㎡/1床に増加はしたものの、他の新設総合病院の60㎡/1床~70㎡/1床には遠く及ばず、厳しい平面計画を余儀なくされました。しかし建物をコンパクトにまとめ、階高も最小限に抑えることにより、病棟での分散便所の採用やパブリックスペースの充実・分散化、また外来ホールの分散・小規模化と待合いの性格づけ(多人数待合ホールとゆったりとしたラウンジ)が可能になりました。

施設概要

場所
仙台市青葉区
用途
総合病院(診療科目16科)
竣工年月
1998年6月
延べ面積
16,079㎡
構造
鉄筋コンクリート造
階数
地下1階 地上8階 塔屋1階

メディア掲載

  • 近代建築(1998年9月)

受賞歴