プロジェクト

やまだ斎苑

やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑
やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑 やまだ斎苑

故人と過ごした時間(とき)を想うあたたかい空間を目指して

岩手県山田町は、岩手県陸中海岸のほぼ中央に位置し、湾と山が近接した豊かな自然に囲まれた町です。東日本大震災で多くの被害を受け、湾に面した中心部は壊滅的な被害を受けました。

計画当初は復興も始まったばかりで、中心部にはほとんど建物が残っていない状態でした。その中心部に比較的近接した、3方が林に囲まれたエリアが敷地に設定されました。

そのような状況で計画する斎苑は、町民の方々にとって敬遠される遠い存在ではなく、故人をお見送りするための静謐さの中にも、随所に「山田の自然や温かみが感じられる空間」を目指しました。

建物は、既存の斎苑から景石や黒竹を移した「小さな中庭」を中心に構成されます。中庭周囲を時計回りに告別・炉前ホール・待合・収骨と進むなかで、中庭に落ちる光や奥庭(山田の林)を感じ、故人と過ごした時間や記憶を想い起こしながら、一筆書きのような流れでお見送りします。

屋根架構は県産材を使った木造とすることで、架構のリズム感・温かみが、空間に静謐さと柔らかさを同時にもたらし、木に包み込まれるような空間としました。

 

(斎藤拓也+陳炳文)

施設概要

場所
岩手県下閉伊郡山田町
用途
火葬場
竣工年月
2018年3月
延べ面積
842.22㎡
構造
RC造一部木造
階数
地上2階

受賞歴